NVR/DVR が出来る事はカメラ映像の記録と再生です。 たくさんの機能があるように見えるのはWindows PCを接続して利用した時です。 数年前までNVRではWindows PCを接続して使う事が当然でした、最近はNVR本体でもライブ再生、録画再生が出来る事が一般的になっています。 最近ではスマホ/タブレットからのアクセスも強力になりました。 一般的な小規模(16カメラ程度)までならNVRでも十分ではありますが、ここからが要注意点です。 小規模で事後検証として割り切るならNVRは最適です。 しかし、生命と財産の保全をとことん追求するには力不足です。

Hikvision コンパクトNVR

Hikvision 画像解析とアラームIO対応NVR

Hikvision アナログ入力とIP対応ハイブリッドDVR

Hikvision トリプル ハイブリッドDVR


9ch NVR

16ch NVR


NVR家電製品利点とおりです。
セットアップ時間が少ない
知識最小で可能
コスト労働
簡単なトラブルシューティング
年間ソフトウェア費用無し
簡単アナログ/移行システム
小規模カメラ展開簡単
VMSソフトウェア利点。
独自ハードウェア選択
規模増大に対し拡張性が高い
VMSハードウェア縛られない
ハードウェアコスト抑制
最上位ベンダー最適オプション
効果的な大型カメラ展開
あらゆる、ITリソース、IoTとの連携

NVR/DVRが出来る事。

  • カメラ映像の録画
  • 本体の音声入力の録音
  • モーション検知録画
  • スケジュール録画
  • 手動録画

PCに依存しない、本体のみで。

  • IOアラーム検知録画
  • IOアラーム出力
  • アラームメール
  • 画像解析
  • 録画映像のエクスポート

NVR/DVRが出来ない事。

  • 高精度、高速な録画検索
  • 連続録画でのモーション検知記録
  • 連続録画でのアラームIO記録
  • ブックマーク処理
  • プリアラーム処理
  • インスタントプレイバック
  • タイムシフトプレイバック

PCに依存しない、本体のみで。

  • メタデータ記録と検索
  • フェイルオーバー (NVRで一部対応も出てきている)
  • LDAP / Active Directory 連携
  • アクセスコントロールとの連携統合運用
  • 他システムとの高度な連携

販売する側からNVR/DVR

  • セットアップに時間がかからない。
  • 専門的知識が殆ど必要ない。
  • 人件費が安く済む。
  • トラブルシューティングが簡単。
  • ソフトウェアの維持コストが不要。
  • アナログ/移行システムとして簡単、低コスト。
  • 小規模システムには低コスト。

販売する側からのVMS(ソフトウェアベース)

  • ハードウェアを選択が必要。
  • ハードウェア/ソフトウェアによる大規模での多くの柔軟性。
  • VMSはハードウェアと独立している。
  • ハードウェアは低コスト化している。
  • 多くの一流ベンダーにとって最良の選択肢
  • 大型カメラ・カウントの展開のためのより効果的。

日本は先進国で異常なほど、中大規模でもNVRが選択されています。理由、歴史的にタイムラプスレコーダー(VHS/ベータマックス)が世界市場を席巻した。 それは家電メーカーまたは家電部門が実権を握った。 その後のハードディスクを使用したレコーダーも家電メーカーまたは家電部門が実権を握った。 その間に諸外国ではセキュリティ要件が高度なIT水準の領域に達して現在に至っている。 水と安全はただは神話となりつつあるが、その要求水準はIT領域にはなっていない。 いまだに事後検証主体となっている。


NVR/DVRを選定すべきか?

 

クリックで今すぐ詳細を知りたい

 

PCを選定すべきか?



世界的な記事になった導入事例

2011年、Hikvision ハイクビジョンの1chエンコーダー 60台とGenetec社のOmnicastにより京都大学の桂キャンパスのセキュリティーを更新しました。 2015年現在までトラブルなしで連続稼働しています。

Javatelのソリューション構築技術を世界的に発表しました。


Google機械翻訳で読むならクリック