H.265インパクト

スマートコーデックとは対照的に、H.264と比較してH.265のビットレートは節約され、15-30%の削減が一般的です。しかし、これらの削減は、スマートコーデックのようにモーション/複雑さのレベルに関連するのではなく、一般に「フルタイム」です。このため、スマートコーデックを使用しているときに現れる劇的なスパイクは、典型的な(スマートでない)H.265を使用しているときは存在しません。

サーバ側の動き検出を使用する場合、H.265ストリームはCPU(および/またはGPU)の負荷を増加させることにも注意してください。H.265はH.264よりもデコード処理の方が処理が集中しているため、ハードウェアデコードの成熟度が低く、一般的ではないため、動き検出にこれらのストリームを使用するとCPU負荷が倍増することがあります。ユーザは、システムのサイジング時にこれに注意し、2次(非記録)ストリームを分析に使用するモーション検出にH.264を使用することを検討する必要があります。