主要なハードウェアドライバ

VMSサーバーのパフォーマンスは、CPUとRAMに大きく依存しており、視聴および録画のために処理できるビデオの量に直接影響します。サーバベースのモーション検出は、プロセッサの負荷を大幅に増加させる可能性があり、サーバのハードウェアを選択する際に考慮する必要があります。正確な要件は、使用される特定のVMSに応じて異なりますが、以下は2018年のメーカー仕様全体のコンセンサスです。

  • 小型システム、1〜16台のカメラ:Intel Core 2 Duo e6850またはCore i3-6100H、4GB RAMなどのデュアルコアプロセッサ
  • 中規模システム、〜16-64カメラ:Core i5-8300H、8GB Ramなどのクアッドコアプロセッサ
  • 大規模システム、〜64 +カメラ:Xeon E5ファミリまたはCore i7-8750Hなどの6コアプロセッサ、16 GB RAM

一部のプロセッサとRAM構成の選択は、DellやHPなどの既製システムのフォームファクタによって制限される場合があります。たとえば、Core 2 Duoおよびi3プロセッサは一般にデスクトップPCにのみ搭載され、Xeonはハイエンドのワークステーションおよびサーバに搭載されています。