マルチキャストサポートの多様な影響

VMSソフトウェアのサポートされている機能は、サーバーによって処理される総スループットの計算に影響を与える可能性があります。

正しく構成されたネットワークでマルチキャストをサポートするVMSは、クライアントソフトウェアに、サーバーではなく、最も近いルーティングスイッチから直接ストリームを要求するように指示します。サーバーの負荷計算では、カメラからの着信ストリームのみを考慮する必要があり、送信ストリームは録画されたビデオに対してのみ使用されます。これは、大量のクライアント環境で重要なリソースを節約できる可能性がありますが、ライブ視聴が制限されているシステムにはほとんど影響しません。