スマートコーデックの影響

IPVMテストでは、スマートコーデックは、アクティブなシーンの最低15%から低モーションシーンの95%以上に大幅にビットレートを削減しました。これらの削減により平均的なシステム負荷は軽減されますが、サーバーは最大負荷に対応できる大きさでなければなりません

たとえば、スマートコーデックのために平均ビットレートがカメラあたり〜80 Kb / sで、帯域幅が〜700 Kb / sになる場合、この高いスループットを使用してサーバー負荷を計算し、コンポーネントを選択する必要があります。この増加した帯域幅を考慮に入れないと、システムが重い負荷でフレームをドロップする可能性があります。