ユニバーサルカメラ

このモジュールでは、カメラ(IP、USB、ワイヤレスカメラを含む)または世界のインターネットカメラ(「ランダムIPカメラ」)の画像ソースとして選択できます。プレビューモジュールの設定(またはプレビューとアーカイブモジュール)でカメラの名前を指定できます。

 

USBカメラの場合:リストからカメラを選択します。イメージリフレッシュレート(fps)とイメージ解像度(カメラのドライバで設定)の必要な組み合わせを選択します。以下は、スライダで変更できる明るさ、コントラスト、シャープネスなどの画像設定の通常の設定です。「Back to defaults」は、設定をカメラの初期設定に戻します。

インターネットカメラの場合詳細設定メニューでイメージの更新頻度を指定できます。

IPカメラの場合

 

  1. 利用可能な(自動検出された)カメラのリストからカメラを選択します。
  2. カメラがリストにない場合は、カメラの製造元を選択し、必要に応じてアクセスデータ(ユーザ名とパスワード)とともにIPを指定します。
  3. カメラに画像が表示されない場合は、接続されていることを確認し、「手動設定」を選択して「フルURL」フィールドに入力し、必要に応じてデータ(ユーザー名とパスワード)
  4. 再エンコードせずにアーカイブに直接保存するURLを指定することもできます(RTSPカメラの場合)。
  5. 下のテキストボタンをクリックすると詳細設定を拡大/縮小できます。

IPカメラの詳細設定:

- サウンド設定

  1. サウンドURLフィールド
  2. 音質(サンプリング周波数)の設定

- PTZカメラの設定:

  1. カメラのPTZ機能を制御するHTTPポート(ポートが標準ポートと異なる場合)
  2. PTZの水平または垂直反転をオン/オフする
  3. 使用可能なPTZオプション - 自動的に検出されたPTZ APIが機能しない場合は、このコンボボックスから他のPTZプリセットを選択してみてください。

 

アナログカメラの場合:

EIROKUは、DirectShow / WDMドライバを使用するビデオキャプチャカードをサポートしており、チャネルごとに1つのチップを備えています。このようなキャプチャカードは、Windowsでは数多くの別個のデバイス(デバイス#1、デバイス#2など)として認識されます。EIROKUは、それらを複数のUSBウェブカメラとして検出します。EIROKUはデフォルトの設定で動作しますので、あなたが望むように動作しないものがある場合は、カード/アナログカメラのデフォルトを変更する必要があります。

 

EIROKUは、JPEG、MJPEG、WEBM(VP8およびVP9)、または各チャンネルのMPEG-4ストリーム、httpまたはrtspプロトコルによるストリームビデオの直接URLを持つDVRでも動作します。EIROKUは、このようなDVRをいくつかの独立したIPカメラとして "見ています"。これらのカメラは、簡単な検索やIP /パスワードによる検索(どちらも下のパネルの「+」メニューで起動)で自動的に検出されることがあります。ただし、DVRをEIROKUに接続するには、このDVRのビデオストリームのURL(MJPEG / H264の場合はhttp / rtsp)を正確に知る必要があります。これは、デバイスのマニュアルまたはWeb管理インターフェイスにあります。または、このDVRの製造元に連絡して、直接問い合わせることができます。

ビデオ監視プログラムEIROKUのONVIF

多くのメーカーが、Xeomaで簡単に使用できるビデオ監視用のネットワークデバイスを製造しています

ONVIF(Open Network Video Interface Forumの略)は、ネットワークインタフェースのグローバルスタンダードです。これは、メーカー(IPカメラ、ビデオエンコーダ、ネットワークビデオレコーディング、ディスプレイおよびビデオ解析機器など)に関係なく、セキュリティ市場向けの相互運用性ネットワーク製品を保証するために作成されています。ONVIFという1つのプロトコルだけを実装することで、何百ものメーカーが他のONVIF監視製品との完全な互換性を提供し、ビデオ監視システムの計画と作成、および将来のアップグレードや移行コストの節約に役立ちます。

あなたの利益は何ですか?以前にIPカメラを使用していた場合は、違いを感じるでしょう。EIROKUがONVIFをサポートしている場合、ONVIFカメラは管理インターフェイスまたはブラウザでカメラのURLを確認する必要なく、問題なくまたは待機せずに、自動的に検出され、ネットワークに接続されます。

EIROKU 14.6.4以降、EIROKUはONVIFの助けを借りてカメラのPTZコントロールを検出できます。そのおかげで、EIROKUは現在市販されているほとんどすべてのONVIF対応PTZカメラをサポートしています。

この規格がすべての製造業者と生産者のために公開されているため、ONVIFのビデオ監視は主要ブランドに広がっています。ONVIFデバイスは、通常は高品質であるだけでなく、かなり手頃な価格です。そのため、あなたに合ったデバイスを選んで、監視用EIROKUをサポートするonvifソフトウェアを選択するだけです。EIROKUでは、ONVIFカメラのすべての利点を利用できます。特別なシンプルさと快適さはもはや贅沢ではありません。

RTSPとは、Real Time Streaming Protocolの略で、オーディオ・データやビデオ・データなどのマルチメディア・データを含むサーバを、遠隔操作するためのプロトコルを指します。

RTPとは、Real time Transport Protocolの略で、ネットワークで動画や音声などのデータを転送するためのプロトコルのこと。

RTMPとは、

Real Time Messaging Protocol とは、Adobe が開発している、Adobe Flash プレーヤーとサーバーの間で、音声・動画・データをやりとりするストリーミングのプロトコル。元々は Macromedia が開発していて、Adobe に買収された。プロトコルの仕様は公開されている。

2020年でFlashはWebでは使用できなくなるようだが、そのプロトコルRTMPを誤解している人たちが多い。

Flashはブラウザ用のプラグインのプレーヤーでこれは使えなくなることは間違いないし、サポートは終了している。

 

しかし、RTMPはメディアを配信する伝送手順、プロトコルであり今後も泣く成る事は無いと断言できる。

 

Youtubeをはじめ各社のCDNのライブストリーミングの受け入れは殆どがRTMPでこれを一般にPUSHと言う。

対して、PULLはサーバーからストリーミングを取り出す時をさす。

EIROKUはRTMPのPULL動作をサポートしているが、PUSHはサポートしていない。

PUSHを使いたい場合はDocokame@MSSでサポート可能だ。