エイロク

EIROKU

モジュラーデザインVMS(PC NVR)、低ランニングコスト。高機能と信頼性。1カメラ・ライセンス Lite 2500円 Standard 3600円から  Pro 9900円から


他に類を見ない特徴。

■まるでオモチャのブロックを連結するように、それは斬新で特徴的であり、実用的です。

■ EIROKU/エイロクはアプライアンスで提供されます。(システムをワンストップで保守まで)

■ Nvidia GPU and intel Quick Syncを標準サポート。

 

安心の保守サポートとサービス。

■リモート接続了承ならインストール(構築)費用は16カメラまでは無償です。

■リモート接続了承なら三年間のオンサイト保守を無償で対応します。(16カメラまで、地域制限有)

■リモート接続了承なら三年間の先出センドバックを無償(送料のみご負担)で対応します。(16カメラまで)

 

オモチャのブロックを連結 入力ブロック

Input

各種カメラ、ビデオ IPプロトコル [ ONVI RTSP RTP RTMP (Pull) Http]

P2Pカメラのサポート
ビデオコーデック MJPEG JPEG H.264 /H.265 (スマートコーデックにも対応) 

オーディオコーデック g.711 / G.729 / AAC / Opus / PCM / MP3 他

UVC USB DirectShowFilter MIC スクリーンキャプチャ FTP 別サイトのエイロクから

Input

カメラ

 

オモチャのブロックを連結するように。


組込型NVR/NAS型NVRとの比較 RTSPとONVIF程度しかサポート不可、自社カメラのスマートコーデック対応のみ。

日本産VMSとの比較 HttpかRTSPまで。


オモチャのブロックを連結 処理ブロック

Filter

Filter

日の検出 / モーション検知 (インテリジェント) /  うろつき検知 / オブジェクト検知 / 放棄検知 / スケジューラー / マーキング(オーバレイ) / 煙検知 / 音響検知 / 顔検知 (顔認識) / システムの問題検知 / 画像サイズ変更 / 画像回転 / クロッピング / 自動追尾  / 自動車ナンバー読取 / デワーピング / ピープルカウンター / クロスライン検知 / プライバシーマスキング / ボタンスイッチャー / ユニター / リレースイッチ / 状態 / HTTPマーキング / HTTPスイッチャー

 

Pro版は画像分析を追加ライセンスなしてご利用頂けます。

Filter

動き検知

炎検知

顔検知

 

オモチャのブロックを連結するように。


組込型NVR/NAS型NVRとの比較 辛うじてモーション検知程度 ただし、最近はAI何とかで画像解析もあるが・・・・・

日本産VMSとの比較 殆どなにも無いか、チープなSDKでカスタム組込み


オモチャのブロックを連結 出力ブロック

Output

Output

 

アラーム音 /アプリケーションランナー /ポップアップウィンドウ(クライアント内)/ SMS送信 / 電子メールを送信する / ファイルに保存 / FTPアップロード / ANPR送信者からFTPへ / HTTPリクエスト送信者 /他のDocokame@VSSへのHTTPアップロード / RTSPブロードキャスト / Webサーバー / アーカイブ

強化される出力

プリポストアラーム表示対応がまもなくリリース予定です。 これで本格VMSの条件が揃います。

Output

動き検知で録画

炎検知でメール、ショートメール、警報ブザー

顔検知で録画

オモチャのブロックを連結するように。


組込型NVR/NAS型NVRとの比較 アラーム音 /ポップアップウィンドウ(クライアント内)/ 電子メールを送信する / ファイルに保存 / FTPアップロード / RTSPブロードキャスト / Webサーバー / アーカイブ などが利用可能。

日本産VMSとの比較 アラーム音 /ポップアップウィンドウ(クライアント内)/ 電子メールを送信する / ファイルに保存  / アーカイブ などが利用可能。


システムに組み込まれた機能

  • セキュアなTLS接続

  • Active Directory LDAP構成の使用


NVRかVMSの判断はもう過去のことです。 1~16カメラで録画するだけ(事後検証)でローカル環境で使用して、とにかく安く済ませたいなら、選択肢はNVRです。Hikvision社のNVRはその点では最良の選択です。

生命と財産の保全を使命とするならNVRの選択は限定的です。

NVRはレコーダー以上を期待してもすぐに破たんします。

インターネットにさらした場合のハッキング被害はよく知られた事実です。VPNで最低限ガードすることは必定です。
VPNのルーターコストは微々たるものこれはNVR、VMSに関係なく考慮すべきです。


VMSソフトウェアに適したサイズのPC /サーバーを選定することは、IPビデオ監視における最も重要で難しい決定の1つです。
過去の製造業者は、特定のアプライアンス「ボックス」が特定の数のカメラ(例えば、4,8,16など)をサポートすることを設計し、認定した。しかしシンプルさは拡張の柔軟性に限界がありました。

VMSソフトウェア「通常の」PC /サーバーに広く導入れているため、(北米では60%) インテグレータは適切なものを適切

に選定する必要があります。

あなたのマシンがあなたのカメラに十分なほど強力でないなら、あなたはあらゆる種類の苦しい問題に直面して問題を解決することは難しいでしょう。

良いニュースは、適切なハードウェアの選択に役立つ基本的なガイドラインが存在することです。

考慮すべき要因の多くが説明されています。