AI NVR/VMSならジャバテルです。

台湾から 4K ライブをリアルタイム配信 by Docokame 

平均ビットレート6Mbps / 25fps / キーフレームインターバル 1秒 LANに最適化しているため、インターネットの場合キーフレームのタイミングで遅延してがたついている。
夜間にそれは目立ち、光量が増える日中は目立ちにくくなる可能性がある。 (S/N比が劣化するとビットレートが増大するる) インターネットに特化する場合は10秒に1回程度までキーフレーム周期を長くする。キーフレームを長くした場合の弊害は表示までの時間が最大でキーフレーム周期時間になることがある。


景色をいくら見ていてもセキュリティにはなりません。ほとんどの警備体制は同様であり事後検証に利用しているだけです。AIはこれを変革しうる可能性を秘めています。


AI NVR / VMSに必要なサーバー仕様

NVRかVMSの判断はもう過去のことです。 1~16カメラで録画するだけ(事後検証)でローカル環境で使用して、とにかく安く済ませたいなら、選択肢はNVRです。組込NVRはその点では最良の選択です。

しかし、生命と財産の保全を使命とするならNVRの選択は限定的です。NVRはレコーダー以上を期待してもすぐに破たんします。あくまでもトラブルを録画から見つけ出すだけです。

イベントアクションでレスポンシブルなオペレーションを期待してもダメ。 ワークステーションを数台増やしたらシステムが不安定になる。

インターネットにさらした場合のハッキング被害はよく知られた事実です。VPNで最低限ガードすることは必定です。
VPNのルーターコストは微々たるものこれはNVR、VMSに関係なく考慮すべきです。



トンデモ話: 少し前までNVRはIPセキュリティ的に安全だと、理由はと問うと: システムはROM化しているからウィルスに感染しない、ハッキングされない。私はROMだけで動作しているシステムなど見たことがない。こんなバカげた論法を平気で語るこの業界は残念。

この業界が残念な理由: この業界は派生的にはAV(オーディオ・ビデオ)屋さんからだ、当時タイムラプスレコーダーが開発され普及しだした。

つまり家電屋さん主導の業界で囲い込みとガラパゴス製品だった、殆どすべての家電メーカーはこの業界から淘汰され、自社開発はなされていない、OEMの箱売り。

DVR/NVRはこの箱ものの延長だ、ITを熟知している人材はこの業界では圧倒的に少数でITについていけない人たちの成れの果てにもなっている。

10年以上前から警鐘を鳴らしてきたが、状況はより深刻になっている。



VMSソフトウェアに適したサイズのPC /サーバーを選定することは、IPビデオ監視における最も重要で難しい決定の1つです。
過去の製造業者は、特定のアプライアンス「ボックス」が特定の数のカメラ(例えば、4,8,16など)をサポートすることを設計し、認定した。しかしシンプルさは拡張の柔軟性に限界がありました。

VMSソフトウェア「通常の」PC /サーバーに広く導入れているため、(北米では60%) インテグレータは適切なものを適切

に選定する必要があります。

あなたのマシンがあなたのカメラに十分なほど強力でないなら、あなたはあらゆる種類の苦しい問題に直面して問題を解決することは難しいでしょう。

良いニュースは、適切なハードウェアの選択に役立つ基本的なガイドラインが存在することです。

考慮すべき要因の多くが説明されています。



AIソリューションの必要性。

今日の世界では、カメラは監視だけでなく分析にも使用できま

す。多機能「eiROKU」ソフトウェアとその知的モジュールを

使用して、マーケティング情報を分析および収集するためのビ

デオ監視システムを簡単にセットアップできます。

例えば「Crowd Detector」モジュールは、AI (人工知能)とディープラーニング (深層機械学習)に基づいています。カメラの視野内の人を自動的に数えることができます。

このモジュールは、地下鉄、バス、路面電車、電車などの公共交通機関の囲いの乗客に使用できます。公共交通機関にとって、このようなモジュールは、毎日の乗客の流れを分析するという点でかけがえのないものになります。

また、「群衆検出器」を使用して、オープンスペースでのソー

シャルイベントの参加者数を検出できます。コンサートまたは

大規模な会議。

(混雑検知器」モジュールは、ビジネスにも使用できます。動的な警備対応への応用。

このモジュールは、店内のレジで待ち行列に入っている人数を

判断し、レジの仕事を評価できます。特定の広告の成功に関す

るマーケティング情報を収集するために、バナーや展示スタン

ドの隣に立っている人を検出できます。これにより、高品質の

マーケティングのみに投資することでお金を節約できます。

システムの構築には、eiROKU Proパッケージ

ライセンスとオプションの「Crowd Detector」

モジュールオプションが必要です。

 

事後検証の為にAIを活用することは全くの無駄と断言できます。この違いを正しく理解することが重要です。