NVRかVMSの判断はもう過去のことです。 1~16カメラで録画するだけ(事後検証)でローカル環境で使用して、とにかく安く済ませたいなら、選択肢はNVRです。Hikvision社のNVRはその点では最良の選択です。

真剣に生命と財産の保全を使命とするならNVRの選択はあり得ません。

NVRはレコーダー以上を期待してもすぐに破たんします。

インターネットにさらした場合のハッキング被害はよく知られた事実です。VPNで最低限ガードすることは必定です。
VPNのルーターコストは微々たるものこれはNVR、VMSに関係なく考慮すべきです。


VMSソフトウェアに適したサイズのPC /サーバーを選定することは、IPビデオ監視における最も重要で難しい決定の1つです。
過去の製造業者は、特定のアプライアンス「ボックス」が特定の数のカメラ(例えば、4,8,16など)をサポートすることを設計し、認定した。しかしシンプルさは拡張の柔軟性に限界がありました。

VMSソフトウェア「通常の」PC /サーバーに広く導入れているため、(北米では60%) インテグレータは適切なものを適切

に選定する必要があります。

あなたのマシンがあなたのカメラに十分なほど強力でないなら、あなたはあらゆる種類の苦しい問題に直面して問題を解決することは難しいでしょう。

良いニュースは、適切なハードウェアの選択に役立つ基本的なガイドラインが存在することです。

考慮すべき要因の多くが説明されています。