VMSソフトウェアに適したサイズのPC /サーバーを指定することは、IPビデオ監視における最も重要で難しい決定の1つです。
過去の製造業者は、特定のアプライアンス「ボックス」が特定の数のカメラ(例えば、4,8,16など)をサポートすることを設計し、認定した。しかしシンプルさは拡張の柔軟性に限界がありました。

VMSソフトウェア「通常の」PC /サーバーに広く導入れているため、(北米では60%) インテグレータは適切なものを適切に選定する必要があります。あなたのマシンがあなたのカメラに十分なほど強力でないなら、あなたはあらゆる種類の苦しい問題に直面して問題を解決することは難しいでしょう。

良いニュースは、適切なハードウェアの選択に役立つ基本的なガイドラインが存在することです。

考慮すべき要因の多くが説明されています。

  • 新技術への影響
  • 主要ハードウェアドライバ(CPU、RAM)
  • サーバーコストの差異
  • 最大スループット
  • スループットの計算
  • ビットとバイト
  • スマートコーデックの影響
  • H.265への考察
  • GPUの必要性
  • マルチキャストサポート
  • 複数のNICサポート